いきかえりの宿 滝波ブログ

いきかえりの宿 滝波の新鮮な情報をお届けするブログ。四季於呂折りの赤湯の観光情報をお届けします。

フロント 緒形より

当館でもひな人形を飾っています

ひな人形
山形県南部、置賜地域には、米沢藩の藩士が江戸勤務を終えて戻ってくる際に、家族へのお土産として買い求めてきたお雛さまが残っており、川西町玉庭地域で公開されてます。このほか、古くからの商家に伝わるお雛さまの数々、地元の素朴な土人形「相良人形」をご覧いただけます。

3日間限定



3日間限定 津軽三味線ショーを観ながら バイキング ♪♪

★温泉に浸かってショーを見ながらお好きな料理をバイキングで、さらに飲放題。3日間限定のお得なプランです。

ライアン姉妹

山形県在住の米国人ライアン三姉妹、カイラ・ブレナ・シャイナさんによる津軽三味線の演奏を聴きながら、ご家族・お友達とにぎやかに年忘れはいかがですか。


平成20年12月16日(火) 17日(水) 18日(木) 3日間限定
時間  PM6:30開始
夕食  ショー会場(宴会場)でバイキングスタイル
ビール・焼酎・ソフトドリンク飲放題


ライアン姉妹のプロフィール
ライアン三姉妹のご両親は米国人で、3人はともに日本で生まれました。長女のカイラさんは小学3年のときに三味線の音色にひかれ演奏を始めました。妹にならって、ブレナさんと小学4年の三女シャイナさんも三味線を始めました。津軽三味線の全国大会でも上位入賞をしており、地元山形ではライアン三姉妹としてよく知られた存在です。

料金  宿泊  1泊2食付 お一人様 11,000(諸税込)
      日帰り  お料理・飲み物付き   6,000(諸税込)

直江兼続と米沢

直江兼続

城下町米沢の基礎を築いた智将

兼続は樋口兼豊の長男として坂戸城下に生まれ、景勝の近習に選ばれました。景勝の信任厚く、重臣直江家に婿入りし、上杉家の執政として軍事・外交・内政を掌握してゆきます。
一方、上杉氏を継いだ景勝は、秀吉政権の下で五大老に進み、会津120万石を領しました。しかし、秀吉死後に景勝主従は徳川家康に対抗、関ケ原合戦後に米沢30万石に減封されました。
米沢市
この米沢移封後も景勝の信任は変わらず、兼続は米沢城下の町割りや堤防、水路の整備を指揮し、武芸の奨励、鉄砲職人の奨聘、学問所「禅林文庫」の開設などを進め、城下町米沢の基礎を築きました。元和5年に60歳で死去、夫妻の墓は林泉寺にあります。

春日山林泉寺

上杉家の菩提樹で、上杉氏に伴い越後春日山より移る。境内には藩主妻子や一族の墓所があり、武田信用清・直江兼続夫妻の墓(共に県指定史蹟)をはじめ重臣たちの墓が並ぶ。また、直江兼続逝去時の位牌を祀る。

上杉家廟所

米沢藩主上杉家の墓所で、昭和59年に国の史跡に指定。正面中央が上杉謙信の廟で、その左右に初代藩主景勝から12代藩主斉亭の廟が交互に建つ。

松崎神社

祭神は上杉鷹山・上杉景勝・直江兼続・細井平洲・竹俣当綱・莅戸善政の6柱。境内には鷹山が治広(次期藩主)に与えた「伝国の辞」の石碑が建つ。


秋の収穫祭

収穫祭

秋の収穫祭

10月10日(金)〜13日(月)までの期間中隣町の高畠ワイナリーで秋の収穫祭が行なわれます。毎日楽しいイベントが開催されています。
( 9:00〜17:00 雨天決行 入場は無料となっております )
秋の収穫祭を楽しんだ後はぜひ当館にお泊りいただいて、温泉に浸かっていきかえってくださいませ。

菊まつり

菊まつり

第96回 南陽の菊まつり

平成20年 10月10日(金)〜11月9日(日) 
会場  山形県 南陽市 双松公園
入場料金 大人 800円 小・中・高校生 400円 幼児 100円

古来中国では、菊は不老長寿の薬効ありとされ、旧暦9月9日重陽の節句には、菊の花を浮かべた酒を酌み交わし、長寿を願ったと伝えられています。大菊つくりの源は、遠く奈良朝末期(8世紀ごろ)に中国から渡米されたとされていますが、寛永時代にいまの品評会である「菊合わせ」が行なわれていたことが文献に残っています。南陽の菊つくりの歴史は、上杉藩時代(17世紀初期)からはじまり、明治末期から大正にかけて、「菊」の風格を慕う人々が増え、はじめての菊人形が大正元年(1912年)に飾られ翌大正2年(1913年)に第1回の菊花品評会が開かれました。
菊人形や菊つくりが贅沢なものとして縮小された時代もありましたが、多くの人々に支えられ、絶えることなく「菊まつり」は継承され、今回で96回を数えます。この南陽の菊まつりは、全国一の技と伝統をもっており、山形の秋の風物詩の一つです。
地元在住の菊人形師と山形県最大の菊花愛好会(南陽菊花会)を有する南陽市は、「菊のまち」であり、香り高い文化のシンボルとして「菊」が市の花になっています。(昭和63年4月に制定)

  

ぶどう狩り出来ます

葡萄

観光ぶどう園オープンしました。^0^

8月上旬〜10月中旬までぶどう狩りが楽しめます。


デラウェアデラウェア

バッファロー
バッファロー 8月中旬 


ヒムロット
ヒムロット 8月中旬

かぶと虫

かぶと虫


夏のファミリープラン
かぶと虫をGETしよう


夏のファミリープランでお泊りいただいた小学生以下のお子様に、当館の山林で育ったかぶと虫を一匹ずづつプレゼント!!( 虫かごは用意してあります )
* かぶと虫の数は十分用意してありますが、無くなりしだい終了させていただきます。その際はご了承下さいませ。

白鷹町 紅花まつり

白鷹紅花

第14回 白鷹町 紅花まつり


2008年 7月12日(土)・13日(日)
  10:00〜16:00

毎日先着200名様に紅花プレゼント

( 萩野大日堂会場にて 2日間 10時〜 )

紅餅づくりの里 白鷹
紅餅
朝早くに摘まれた紅花を、揉んで洗って発酵させる。わずか1%ほどの“赤”を取り出すために、残り99%の黄を丹念に揉み出して作られるのが紅餅。この紅餅生産量が日本一の町が白鷹です。


滝野手打ち蕎麦

白鷹には昔から各集落に一軒「そばや」という屋号の家がかならずあった。
祝いの席やお客様のもてなしに「そば切り」を振舞った。そんな「隠れ蕎麦打ち名人」の伝統を、紅花まつりで味わってください。
地元、滝野の地粉を100%の香り高い蕎麦をお召し上がり下さい。


畔藤田植踊り
田植踊り
13日 11:00〜 萩野大日堂
     12:30〜 滝野交流館

素足美人コンテスト

赤湯温泉下駄

第1回 赤湯温泉 素足美人コンテスト

期間 2008年7月1日〜9月30日

期間中宿泊された女性の方( 高校生以上 )に、旅館の赤い鼻緒の下駄をはいていただいて、素足の写真を撮ります。応募されるかたはフロントにてお申し込みください。

特賞  米沢牛スキヤキ用  500g  1名様
一等  置賜産はえぬき   5kg   3名様
二等  赤湯産ワイン    720ml 3名様
三等  赤い鼻緒の下駄        10名様

抽選会 10月7日  抽選発表は商品発送をもってかえさせていただきます。

バラ園開園しています

バラ園
只今南陽市双松バラ園がオープンしています。
置賜盆地を一望できる高台の公園、双松公園にあり、広さは8,000屐。械苅絢鑪燹6,000本 の段丘のバラ園。
昭和42年に、南陽ロータリークラブ置賜バラ会の協力によって造られました。地形上、バラの季節には、香りが立ち上り、香りのバラ園として親しまれており、今ではなかなか手に入れることができなくなった古い品種が数多くあるバラ園です。
このバラ園がある双松公園は、毎年5月にはつつじが全山を彩ります。
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ