伝統の知恵

7月に入り、いよいよ暑さ本番の赤湯です。

7月1日(月)。
瀧波ファームはタマネギの収穫をほぼ終え、貯蔵のための作業を行いました。

皆様も、軒先に吊るされたタマネギを
一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。

収穫したタマネギは、十分に太陽の下で乾かした後、数個ずつ葉の部分を紐で縛り、軒下などの雨や直射日光が当たらない風通しの良い場所に吊るします。
こうすることで長期間保存ができるのだそうです。

早速、瀧波ファームも実践!ということで‥

軒下外

玄関近くの軒下に。
赤タマネギが多いので華やかになりました。

軒先内

ガラス戸なので館内からも見ることができます。
長く保存しながら見た目も楽しめる、伝統の知恵です。