いきかえりの宿 滝波ブログ

いきかえりの宿 滝波の新鮮な情報をお届けするブログ。四季於呂折りの赤湯の観光情報をお届けします。

2012年05月

赤湯温泉「花いっぱい運動」

毎年この時期になると、
赤湯住民で街に花を植える「花いっぱい運動」が行われます。
今年は29日に実施。

赤湯温泉旅館協同組合を中心とした約20名で、花植え作業を行いました。

集合

午前10時、参加者が飲泉所に集合。

ベゴニア

ペチュニア

サルビア50株、ベゴニア300株、ペチュニア50株、マツバギク100株を数カ所に分け、
一時間半かけて植えました。

地域

瀧波裏

瀧波のすぐ裏にある花壇も華やかに‥。
作業中、ご近所の方が何回か声をかけて下さって、花と人に癒された日となりました。

ラスト

赤湯温泉にお越しの際は是非、街の花にもご注目下さいませ。

「赤湯温泉 白竜銀河の森 ぶどう畑のレストランプロジェクト2012 × 丸の内朝大学フィールドワーク」〜vol.1〜

5月26日・27日、白竜銀河の森が主催する「ぶどう畑のレストランプロジェクト2012」を実施しました。

526表

526裏

4年目となる今回は、「いい旅、いい食、いい温泉」の中に幸せを追求する
丸の内朝大学 旅学部 温泉旅の幸せ探究クラス」とのコラボレーション。
学生と行政、地元の方々約70名で赤湯の自然・食・温泉を心ゆくまで満喫しました。


社長の開会挨拶。
開会
その後、丸の内朝大学旅学部講師:石井宏子先生、東北芸術工科大学准教授:西澤高男先生、行政の方々からご挨拶をいただきました。


26日お昼の部は、「赤湯里山体験ツアー」。

まずは十分一山の麓にある「須藤ぶどう酒工場」へ。

お出迎え

工場に入るとすぐに地元ワインがお出迎え。

こちらの工場では、ぶどう栽培からワイン造り・瓶詰めまで、すべて家族の手作業で行っています。

ぶどう畑見学

工場の中では貯蔵庫や大きな樽なども見学できました。

試飲

お楽しみのワイン試飲。ぶどうの原液もおいしかったです!


さあ、いよいよ美しいやまがた森林活動支援センター織田さんの案内の下、

たこじい


到着

「ぶどう畑のレストラン」到着!
今までで最高の70名ということもあって、すれ違うのも一苦労です(笑)

会場設営は参加者全員で行いました。

むしろ

準備

テーブルクロス担当、お弁当担当などを役割分担。
さすが、大勢でやると早いです!


準備中の一枚。作業中に
この風景をいつまでも残したいです…。
下に並んでいるのは使わなくなったワイン箱たち。


ワイン

お弁当

地産食材を使ったお弁当と地元ワインで乾杯した後は、
地元語り部の白岩さん、渡辺さんによる民話語り。

語り部

置賜地方の優しい方言が、胸に響きました…。

集合

vol.2に続きます。
次回は「夜の部:究極の旅」がテーマ!
お楽しみに!

「瀧波ファーム2012」

3:続々と

今日の赤湯は、午前中はいいお天気でしたが、お昼から雨が降っています。

赤湯

さて、瀧波ファームではそんな恵みの雨のおかげもあって、
続々と野菜の芽が出始めています。


前回のブログでご紹介した「にんじん」。

昨年は、残念ながらうまく芽が出ませんでしたが…




にんじん


今年は大成功でした!
(勝因は薄くかけた土とたっぷりの水)



じゃがいも1

こちらは出たばかりの「じゃがいも」の芽。
土を押し上げながら出てくる様子に、自然の力強さを感じます。

じゃがいも2

現在はここまで大きくなりました。



かぶ

大根、かぶも全部で5種類の種を蒔き、順調に育っています。
(数えてみると約1270本分ありました)


今年は畝の数を3畝に増やした「赤ネギ」と「白ネギ」。

ネギ

まだ小さなネギの苗は、見ていてとても癒されます。
追肥と土寄せをすれば、秋から冬の間はいつでも収穫できる野菜です。


かぼちゃ

こちらは17日に植えた「かぼちゃ」と「スイカ」の苗。

瀧波ではお馴染みの「伯爵かぼちゃ」や、皮の黒いスイカ「ミニ黒太陽」など、
計5種類の苗を植えました。
スイカは、かぼちゃと似た育て方ですが、今年が初挑戦なので、
慎重に育てていきたいです。

盛り沢山の内容になってしまいました。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
次回の更新もお楽しみに!

「瀧波ファーム2012」

2:春蒔き開始!

1

5月1日、烏帽子山の桜を眺めながら、瀧波ファームの春蒔きがスタートしました。


2

こちらはじゃがいもの種芋。
昨年植えた「北あかり」の他に、今年は「男爵いも」が仲間入りしました。

今回は、へこんだ「へそ」の周りをカッターで4分の1ほど切り、切り口に土壌改良材を付けて埋めるという方法で植え付けました。

3

最後にもみ殻を土の表面に撒いて出来上がり!

4

この日で224個の種イモを植え付け、あとは夏の収穫を待つばかりです。


替わってこちらは、にんじんの種。

5

にんじんは、「いなり五寸」と「キング紅芯一尺」という品種を蒔きました。
にんじんの種は発芽率が低く、発芽するまで土を乾かしてはいけないため、栽培が難しい作物です。

1〜2週間後の発芽に向けて、しっかり管理していきたいと思います!
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ