いきかえりの宿 滝波ブログ

いきかえりの宿 滝波の新鮮な情報をお届けするブログ。四季於呂折りの赤湯の観光情報をお届けします。

2009年08月

秋、近し!赤湯のりんご・ラフランス

c1eb4719.JPG朝晩すっかり涼しくなりました

秋、近し!
りんごもラフランスもだいぶ大きくなりました。ここ3〜4日の日照で野菜、果物、そしてお米も元気が出てきました。台風の影響が無いことを願い、毎日、お客様に旬の味覚をご提供いたしております。近くの果樹の様子です。実が大きく、これからますます大きくなり、そして、りんごは色をつけ味が蓄積始めます。秋の味覚も、楽しみにしてください。   瀧波 館主 須藤清市
 

赤湯温泉の古墳、瀧波から1,5km

80c37faf.JPG 赤湯温泉瀧波の周辺案内

 夏休みに、家族連れのお客様が、たくさんお越しくださり感謝申し上げます。赤湯温泉めぐりの人気は、足湯、観光センター、烏帽子山公園、ワイナリー、そして4世紀後半の王様の墓といわれる「前方後円墳」です。その名も「稲荷森古墳」。
 
 大きさは、おおよそ、長さが100メートル、高さが10メートル、南に向いて前が四角の形で、後ろが円で高さがある。後円の頂上から、赤湯周辺の米沢盆地が360度パノラマに見渡せる。写真のようにきれいな形でかわいらしいイメージ。周囲は、北に月山、東北に蔵王、南に吾妻、西に飯豊、西北に朝日連峰が見られます。
 
 これから遅い夏休み、そして9月の初秋に、さわやかな風に当たりながら、瀧波から車で5分。約1,5キロ。4世紀の頃の赤湯周辺を収めた王様のお墓に行って見ましょう。
          8月16日 瀧波 館主 須藤清市

赤湯温泉 外湯めぐり手形 

c19f3d44.JPG 赤湯温泉の瀧波です 夏休みで多くのお客様で賑わっております 今日は、赤湯温泉の四季を通して街巡りにお得な「外湯めぐり手形」をご紹介します
 
◆赤湯温泉「外湯めぐり手形」特典 
 特典(1) 赤湯温泉の公衆浴場に入浴できます(1回券)
 特典(2) 観光センターで、抽選を楽しめます(はずれなし)

 赤湯温泉にご宿泊の方には、当日と翌日の2日間有効の手形をフロントでプレゼントします。公衆浴場が4箇所あり、お好きな浴場に入浴できます。9月30日まで、赤湯温泉観光センター「からころ館」にて抽選ができ、宿泊利用券や、米沢牛や特産ぶどう、ワインなどの赤湯お土産、チョコ棒などが当たります。誕生月の方はもう1回抽選できます。どうぞお楽しみ下さい。   8月9日 瀧波 館主 須藤清市
           

第4回 伴淳三郎映画祭 ご参加下さい 

f72a7694.JPG 米沢出身の俳優「伴淳三郎」。
戦後の日本、復興期に喜劇俳優としてがんばった男です。米沢出身。
 
 昨年、生誕100周年を向かえ、出身地の米沢を軸に「伴淳の会」が結成され、イベントを通して、彼の功績を顕彰しています。

 瀧波にいつもお泊りで、1週間ほど滞在し湯治をしていかれました。温泉大好きで、1日4回の半身浴。好きなものは瀧波の納豆餅、そして、瀧波おかみ手製の味噌漬けが大好物で、その名も「伴淳漬け」と命名されました。生まれ故郷の山形県各地で、得意の太筆で、ダイナミックな書を残しました。瀧波にも「宿」の書があり、いろんな俳優さんとロケにおいでくださったり、思い出がいっぱいあります。

 第4回伴淳映画祭 9月6日 午前10時から夕方まで
 映画上映とトークショー 米沢市民文化会館にて
 1日券:2500円 映画1本券:1000円
 お問い合わせ 電話0238-23-8510 

 是非、瀧波に前泊、後泊にお泊りになって下さい。
 何なりと瀧波までどうぞ  8月6日  瀧波 館主 須藤清市

新品種 瀧波餅米 「小雪餅」の穂です

5c41f738.JPG 1日で、見事に穂が成長します。これから数日間どんどん穂が出てきます。今年の稲は、昨年までの「ヒメノモチ」と少々違い、穂の芯がしっかりして茎が太く、背丈はそれほど大きいイメージが無く、どっしりと構えている雰囲気です。
 
 雀が周りで騒ぎ出し、米の汁を狙っています。水を十分やり次第に米の汁が穂内に集まってきてじっくりと固まっていきます。どろどろ状態になって、雀が突っついて汁を飲んでしまうのです。今年は出穂直後から昨日まで2日間かけて、鳥防止紐をしっかり張りました。万全と思います。頭の良い雀、油断はなりません。しかし、考えてみると、雀も狙う、おいしい餅米!と考え、自慢になりましょう。
 
 皆さん収穫の稲刈りは9月下旬から10月はじめです。2泊連泊で泊まりに着てください。またブログでご案内します。     
 8月5日  館主 須藤清市

いよいよ穂が出た!瀧波の田

77bc0d79.JPG瀧波の館主、須藤です。
私の餅米栽培、いよいよ本日、穂が出ました。餅は普通ご飯のうるち米より1ヶ月くらい生育が早いのです。今年は雨が多く、日照時間が少ない割りに早いもので、心配なのは、穂の数と米の粒数が少ないのではないか?ということです。
 明日は、お手伝いいただいている原田さんと、すずめを寄せ付けないよう防鳥紐を全ての田に張り巡らせます。雀は頭がよくて一度田に入って、おいしい米にありつけると、数十の数で、同じ田に通ってくるのです。昨年は大量に雀にやられました。
 さて、今年の餅米は、「小雪餅」という新種です。山形県の農業普及所さんより推薦され、先駆けて、新品種に挑戦しました。真っ白い米とのこと、収穫が楽しみです。9月25日頃から10月5日頃まで、稲刈り収穫にお越し下さい。
 私の秋の収穫情報をお楽しみに。明日も餅つき・・・がんばります。
  8月2日 瀧波 館主 須藤清市
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ