いきかえりの宿 滝波ブログ

いきかえりの宿 滝波の新鮮な情報をお届けするブログ。四季於呂折りの赤湯の観光情報をお届けします。

80枚限定、6月1日まで使える5000円クーポン!

いつも いきかえりの宿 瀧波をご利用いただき、誠にありがとうございます。

3日間連続楽天イベント!
少し早目のご紹介で是非皆様、

フライングゲット」してください。

楽天トラベル企画、第3弾は
80枚限定、6月1日まで使える
5,000円クーポンです。

一足早くご紹介させて頂きました、
500円クーポンとの併用はできませんが、

今回は2名様以上、
お一人様15000円以上の宿泊料金プランであれば
全会員様1枚使用可能です。

今回のような高額クーポンは、
滅多にご用意できないプレミアムクーポンです。
クーポンを獲得後は当館のお勧めプランを是非チェックしてください。
予約申し込みで5000円割引して頂けます。

初夏の新緑かおるこの時期、このチャンスは見逃せない!
↓まずはこちらからクーポンを獲得!
http://coupon.rakuten.co.jp/getCoupon?getkey=T0xHRi1SQzNELTBGS1gtUTBSVg--&rt
5000円クーポン

本日解禁!5月6月に使える500円割引クーポン特集

いつも いきかえりの宿 瀧波をご利用いただき、ありがとうございます。

本日は、楽天トラベルよりご案内、第2弾で
す。
5月6月に使える500円割引クーポン特集が本日解禁となりました。
今回は1名様利用から使用でき、
お一人様3000円以上の宿泊料金プランであれば
全会員様1枚使用可能と利用制限が幅広い為、
早い者勝ちです。

クーポンを獲得後は当館のお勧めプランを是非チェックしてください。
予約申し込みで500円割引して頂けます。

さくらんぼの季節も近い時期、このチャンスは見逃せない!
↓まずはこちらからクーポンを獲得!
http://travel.rakuten.co.jp/mb/coupn1
500_500_1[1]

楽天トラベル「得旅キャンペーン」

いつもいきかえりの宿 瀧波をご利用いただき、ありがとうございます。

本日は、楽天トラベルよりご案内です。

キャンペーンエントリーで、
当館の全プランが「ポイント10倍」になる、
大変お得な「得旅キャンペーン」のご案内です!

5/25(土)〜6/28(金)(6/28のチェックアウトまで)の宿泊ならば、
エントリーでもれなく『ポイント10倍』です。
ご旅行も出張もすべて対象♪♪
本当にオススメです!
お見逃しなく☆

□■□■□■□■□■□■□■
5/14(火)09:59までの予約
5/25(土)〜6/28(金)までのご旅行
すべて「ポイント10倍」♪
□■□■□■□■□■□■□■
▼まずは、エントリー!!
http://travel.rakuten.co.jp/mb/msp
▼当館のおすすめプランはこちら
http://web.travel.rakuten.co.jp/PLAN/13459/2655003

ご予約お待ちしています♪
得旅キャンペーン

赤湯温泉「さくら開花情報」

ゴールデンウィーク目前ということで、今回は赤湯温泉のさくら開花情報をリアルタイムでお送りいたします。(写真:25日の午前撮影)

4月中旬〜下旬にかけての気温低下や雪の影響で、赤湯温泉の桜は予想よりも一週間遅れで開花しています。


【烏帽子山千本桜】…三分咲き

明治初期に造成され、樹齢120年余・25種類の桜が観られることで有名な烏帽子山公園の千本桜。ようやく咲き始めというところで、全体的な見頃はもう少し先のようです。しかし樹種によっては七分咲き以上のものもあり、これらを探しながらゆったり散策するのも良いかもしれません。
また5月6日(月)まで、桜まつりのライトアップを18時〜22時の間行っておりますので、幻想的な夜桜を存分にご堪能下さいませ。

お多福

大鳥居
上:日本一の石造り大鳥居のシダレザクラ
階段


【あっこポッポ湯】…満開

瀧波から西に歩いて2分。赤湯の源泉を利用した飲泉所と足湯「あっこポッポ湯」には桜の穴場があります。写真の奥の方に見える源泉貯水槽。満開の桜が囲んでいます。赤湯にお越しの際は、こちらも要チェックです。

あっこ


【緑町公園】…満開

あっこポッポ湯から少し東に行ったところにある緑町公園でも、満開の桜を数本見つけました。瀧波から歩いて1分のところにありますので、お子様連れの方にもおススメしております。

公園


【瀧波館内のオオヤマザクラ】…満開

毎年、温泉の熱を利用して4月から咲き始める瀧波のオオヤマザクラ。フロントロビーと名物朝食・お餅つきの会場から観ることができるので、お客様から大変ご好評をいただいております。

蔵前

これから一週間は15℃以上の日が続く予報となっています。
ゴールデンウィークは是非、満開の桜を観に赤湯温泉へお越し下さいませ。

「赤湯温泉の森とまちづくりフォーラム」に“足湯バー”出現!

昨日の「赤湯温泉の森とまちづくりフォーラム」にご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

第一部はこれまでの白竜銀河の森づくりプロジェクト活動報告先進事例発表

スライド


第二部では森や農業を観光と組み合わせた企画の提案や、赤湯財産区温泉事務所の五十嵐様をお招きして、数少ない注水方式を行っている赤湯温泉ができた経緯、ダムの役割を果たす「森を守ること」が「温泉を守ること」につながるということなど、赤湯温泉の地形と歴史を関連付けた貴重なお話をいただき、参加者の皆様と一歩踏み込んだ森づくり・まちづくりについて話し合いました。

フォーラム


また、これらを実践していくためにはどのように周囲の方々や次の世代の若い方々に理解していただくか、そして広範囲への継続した呼びかけをすることの重要性を改めて実感した一日となりました。


ルーフトップバー


こちらは赤湯温泉観光センターゆーなびからころ館でお披露目した「軽トラルーフトップバー」です。

足湯に浸かりながら、赤湯のワインと料理をいただく贅沢なバーとなっています。軽トラックの荷台に設置できるので、さまざまな場所への移動が可能です。昨日は実際に、参加者の方や興味を持たれたお客様に体験していただきました。

模型

普段の街並みがちょっと特別に見えてくる、そんなバーです。

3/24 白竜銀河の森づくりプロジェクト活動報告2013 「赤湯温泉の森とまちづくり フォーラム 〜地域の環境資源を温泉街の活性化に結びつけるために〜」

来週3月24日(日)に、これまで瀧波が主体となり行ってきた「白竜銀河の森づくりプロジェクト」の活動報告会を実施させていただくこととなりました。

シンポジウムブログ表

白竜銀河の森づくりプロジェクト 活動報告2013
「赤湯温泉の森とまちづくり フォーラム 〜地域の環境資源を温泉街の活性化に結びつけるために〜」


【第1部】白竜銀河の森づくりと「環境ツーリズム」の活動報告と先進事例レクチャー
【第2部】「これからの森とまちをどうするか?」
ワインを楽しみながらディスカッション/軽トラルーフトップバーでの試飲会と懇親会


日 時 : 2013年3月24日(日) 第1部:13:30〜15:00 第2部:15:30〜18:00

場 所 : 第1部:南陽市中央公民館(えくぼプラザ)大会議室
第2部:ゆーなびからころ館(赤湯温泉観光センター)

参加費 : 1,000円 (飲み物代込/懇親会費別途)

主 催 : 白竜銀河の森づくりプロジェクトチーム

共 催 : 赤湯温泉旅館協同組合 未来構想事業  株式会社 いきかえりの宿 瀧波 東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科 西澤高男研究室

助 成 : 独立行政法人 日本芸術文化振興会

協 力 : 紫金園  須藤ぶどう酒工場  酒井ワイナリー
NPO法人 美しいやまがた森林活動支援センター
東北芸術工科大学 プロダクトデザイン学科  Responsive Environment
日 仁 (SLOWMWDIA、東京大学客員共同研究員)

お申込み : 氏名、住所、年齢、連絡先を以下宛にご連絡下さい。
連絡先…須藤(チーム代表・瀧波社長)
TEL:090−7933−1515 FAX:0238−43−2601
e-mail:s.suto@takinami.co.jp

URL : http://www.facebook.com/RestaurantInTheVineyard (Facebook)
瀧波HP http://www.takinami..co.jp/ (瀧波ブログ)

シンポジウムブログ裏

「白竜銀河の森づくりプロジェクト」で提唱してきた「環境ツーリズム」構想では、地域固有の自然環境や、農業や林業によって長年にわたって形成されてきた景観を、第一次産業とツーリズムとの高度な融合によって相互に維持・保全・活用し、地域を活性化することを目指しています。

このフォーラムでは、2008年より十分一山を中心に取り組んできたプロジェクトを広く紹介するとともに、これからの温泉街や周辺地域の持続可能な活性化のための方策や、農産物の地産地消や加工の新たなアイデアについて、お越しになった皆様とともに話し合いたいと思います。

また来年度より、山形デスティネーションキャンペーンが本格始動します。お越しいただく多くの方々に、環境の良さを体験していただくための魅力的な方法も、二次交通のあり方を含め検討が必要となります。

第1部では、これまでの活動をご報告するとともに、参考となる先進事例をご紹介します。第2部はワインを飲みながら、これら地域の未来についての議題を参加者の方々と気楽に語り合える場にしたいと考えています。移動型交流拠点「軽トラルーフトップバー」プロトタイプも登場予定です。

地域交流、農業、環境・まち・森づくりに興味のある方、お気軽にお越し下さい。
沢山のご参加をお待ちしております。

雛人形でお出迎え

まだまだ寒い日が続きますが、毎年この時期になると、
瀧波では春の気配を感じるものが登場します。

お雛様

平安時代、女の子達が人形で遊ぶ「ひいなあそび」と、紙の人形を厄除けのために川に流す「流し雛」合わさったことが「雛祭り」の始まりといわれています。

写真は、当館女将が子供の頃に飾っていた昭和初期の雛人形。
早咲きのケイオウザクラと一緒に瀧波ロビーを華やかに彩っています。

新暦の4月3日まで飾る予定ですので、瀧波にお越しの際は是非ご注目下さいませ。

また、瀧波から歩いて10分のところにある結城豊太郎記念館では、
3月20日(水)まで「雛人形と雛道具展」を開催しています。
南陽市在住の方が所蔵する歴史ある雛人形を数多く展示していますので、
こちらも併せてご覧下さい。

棋聖戦 in 瀧波レポート 〜1月30日 前夜祭〜

1月30日から2月1日に行われた棋聖戦では、
県内外の多くの方々にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。

山形県初の棋聖戦ということで、目の前で熱い戦いを体感することができ、
従業員一同良い刺激を得た、非常に貴重な時間を過ごさせていただきました。

タイトル

今回は、30日「前夜祭」の様子をご報告いたします。

前夜祭では、約120名の囲碁ファンの方々が一堂に会し、
張棋聖と井山本因坊を激励しました。

対局者

張棋聖、井山本因坊のご挨拶。
翌日の戦いに向けての意気込みや、赤湯温泉の印象などをお話しいただきました。

プロ棋士

南陽市長ご挨拶、地元ワインで乾杯など、市を挙げて赤湯温泉での棋聖戦開催を歓迎しました。

乾杯

お酒

試合目前ということで、景気付けに「瀧波太鼓」を叩いていただきました

太鼓

お二人の勇姿に会場からは大歓声が上がりました。

指導碁1

最後は「連碁」の様子。

プロ棋士と囲碁ファンの方が交互に一手ずつ打っていくもので、良い手を打った方には豪華賞品が手渡されました。
プロ棋士とファンの貴重な交流の場。
盤を見ながら真剣に一手を考える姿が、とても印象的でした。

12月2日(日)開催!“再生可能エネルギー”がテーマ「赤湯温泉 白竜銀河の森  山の資源を活かして火を楽しむワークショップ+ぶどう畑のレストランプロジェクト2012」

修正ブログ用2012表

【第一部】山で採れた薪で「正しい火の使い方」を学ぶ
・山の手入れと薪づくり
・正しい火の使い方と火の楽しみ方
・やさしい松明づくり

【第二部】火を囲んでお食事会「ぶどう畑のレストラン」
・焚火を利用した料理と地元産ワインを味わう
・火を囲んで話す「これからの環境ツーリズムについて」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

日     時:2012年12月2日(日) いきかえりの宿 瀧波13:00受付 13:15出発
【第一部】13:30-16:00 【第二部】16:00-18:00
場     所:赤湯十分一山 ぶどう畑のレストラン(白竜銀河の森)
服装・持ち物:長袖シャツ・長ズボン・防寒具・長靴または運動靴・帽子・
軍手・水筒・タオル・筆記用具・雨具(雨天時)
参  加  費 :4,000円  小中学生以下2,000円
       ※食事代・飲み物代(赤湯ワインとぶどうジュース)・ワークショップ料・
         保険料込
主     催:白竜銀河の森づくりプロジェクト
共     催:(株) いきかえりの宿 瀧波  東北芸術工科大学 西澤研究室
助     成:独立行政法人 日本芸術文化振興会
協     力:紫金園 須藤ぶどう酒工場 Responsive Environment
NPO法人 美しいやまがた森林活動支援センター
お 申 込 み :氏名・住所・年齢・連絡先を11月28日(水)までに以下宛にご連絡下さい
          連絡先…いきかえりの宿 瀧波(須藤) TEL:090-7933-1515
FAX:0238-43-2601 e-mail:s.suto@takinami.co.jp
U   R   L :http://www.facebook.com/RestaurantinTheVineyard (facebook)
いきかえりの宿 瀧波 HP http://www.takinami.co.jp/ (滝波ブログ)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「ぶどう畑のレストランプロジェクト」は、「白竜銀河の森づくりプロジェクトチーム」が主体となって助成をいただき、いきかえりの宿 瀧波や東北芸術工科大学 西澤研究室とともに2009年度より取り組んでいる、仮設レストランを軸とした環境ツーリズムの計画です。

場所は南陽市赤湯十分一山、ぶどう畑のすばらしい風景を見晴らす森の中です。ここは耕作されていないかつてのぶどう畑。減少しつつあるこの景観と、ぶどう栽培文化を残すため、赤湯温泉の観光資源と共に継続的に使われる場所づくりとその保全・活性化の実現を目指しています。

ブログ用2012裏

今回のワークショップは、耕作放棄地を整備する過程で発生した間伐材やナラ枯れの樹木を、「薪」という再生可能エネルギーとして活用することで、美しい森やまちを地域の方々とともにつくり上げてゆく契機となるイベントです。

第一部は森づくりの講師を招き、実際に山の手入れや薪づくりを行いながら、安全で正しい火の扱い方を学びます。第二部は、薪を使った火を囲みながらの食事会。美しく生まれ変わった森の中で、地元産ワインと焚火を使った料理をいただきます。自然や人の未来を考えた環境づくりに、是非ご参加下さい。

第100回記念「南陽の菊まつり」開催!

10月20日(土)より、南陽市の中央花公園特設会場にて、第100回目となる
「南陽の菊まつり」を開催しております。


山形の秋の風物詩といえる菊まつりですが、今年も約1,200鉢の菊が飾られ、
会場を彩ります。

菊まつり2012

【期間】 平成24年10月20日(土)〜11月11日(日)

【時間】 9:00〜17:00 (受付終了16:30)

【会場】 山形県南陽市「中央花公園特設会場」

【主催】 南陽市菊まつり実行委員会 TEL.0238-40-3211 FAX.0238-40-3422


期間中、菊人形・菊花展や物産展の他、菊まつり100回記念の様々な催し物を
行います。この秋は是非、「菊とぶどうといで湯の里・南陽」にお越し下さいませ。

アクセス方法・詳しい情報は、南陽市ホームページをご覧下さい。
http://www.city.nanyo.yamagata.jp/
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ