いきかえりの宿 滝波ブログ

いきかえりの宿 滝波の新鮮な情報をお届けするブログ。四季於呂折りの赤湯の観光情報をお届けします。

全館でWi-Fiがご利用可能になりました

11-6玄関フロント


インターネットをご利用のお客様、大変お待たせいたしました。

この春から、瀧波の全館・全客室でWi-Fiをご利用いただけるようになりました

当館へお越しになるすべての皆さまに、より快適にお過ごしいただけますよう、
従業員一同これからも努めてまいります。

山形おきたま雛回廊

3月3日、桃の節句。

赤湯温泉の雪も徐々に融け、少しずつ春の気配です。

毎年1月から4月にかけて置賜各地で行われている「山形おきたま雛回廊」。
かつて米沢藩の藩士が江戸勤務を終えて戻ってくる際、家族へのお土産として買い求めてきたという雛人形の他、パッチワーク・和紙・土人形でできた珍しい逸品も多数展示されております。この機会に置賜で「雛めぐり」されてみてはいかがでしょうか。

■会場
[米沢市]酒造資料館 東光の酒蔵、出羽の織座 米澤民藝館、上杉伯爵邸、米沢市上杉博物館、株式会社白根澤
[長井市]山口家
[南陽市]南陽市立結城豊太郎記念館
[川西町]川西町玉庭地区
[白鷹町]荒砥駅資料館、道の駅白鷹ヤナ公園あゆ茶屋、織里苑(オリオン)

※日程・料金・お時間は各施設で異なります。

■お問い合わせ
山形おきたま観光協議会 ☎0238-26-6046

ブログ雛


写真は、当館の昭和初期のお雛様。今年は吊るし飾りが増えました。啓翁桜と一緒に皆様をお出迎えいたします。

新年のご挨拶とだんごの木

2015年1月 小正月。

2014年も多くの方々に支えていただき、新しい年を迎えることができました。

全国的にこれからが寒さ本番。
皆様どうぞご自愛いただき、より一層素晴らしい一年になりますよう
お祈りいたしております。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


ブログ用だんごの木


本日は毎年恒例の小正月行事、「だんごの木」づくりを行いました。

今年は地元の庭師の方にお願いして、チェックインを行う囲炉裏カウンターに設置していただきました。
昨年よりも枝が大きく、お客様に直接触れていただける高さになっております。
元来、豊作の安全と豊穣を願うだんごの木。枝に刺す紅白のお餅は瀧波自家製米「こゆきもち」を使用しております。

期間限定ですので、チェックインの際は是非ご注目下さいませ。

6/14〜9/13 山形デスティネーションキャンペーン始動!

サッカーワールドカップで日本中が一致団結している中、山形県は日本最大の観光企画「山形デスティネーションキャンペーン(DC)」に燃えています。

6度目、10年ぶりに開催される本企画のキャッチフレーズは、「山形日和。」
平成26年6月14日〜9月13日までの期間中、県や市町村、JRなどが一丸となり県内各所でさまざまな“おもてなしイベント”を実施しています。

イベントを通じて、国内外の山形を初めて訪れる方に向けた情報発信や、四季折々の大自然や豊富な温泉、旬の食材に囲まれた「住んでよし、訪れてよし」の山形の新たな魅力を発見するきっかけづくりと観光客誘致に繋げることが目的です。

南陽市では、旅館とさくらんぼ農家が連携し、早朝でしか味わうことができない朝摘みさくらんぼプランを立ち上げた他、赤湯駅の特産品販売ブース「駅の駅なんよう」や休憩用の椅子をリニューアルし、県産材を使用した温かみのある駅をお披露目しました(デザイン:東北芸術工科大学/建築・環境デザイン学科)。

集合写真

お客様

写真は6月14日(土)の赤湯駅DCオープニングセレモニーの様子。

赤湯の源泉100%の軽トラ足湯バーや、地元農家の方の野菜販売、赤湯温泉女将による踊り披露、新幹線に手を振るスマイルプロジェクト(さくらんぼのお振舞)など、駅を訪れた方に赤湯温泉をPRしました。

DCイメージキャラクターの「きてけろくん」は山形弁で「来てください」の意味ですが、今回は赤湯の方言で‥
夏休みは是非、ご家族揃って熱〜い山形県に「ござっとごえ〜!」

「赤湯温泉桜まつり」開催中!

14日に山形市の桜の開花が発表され、赤湯も日中は15℃前後の暖かさとなっています。

ブログ用桜まつり


4月15日(火)〜5月6日(火)まで、瀧波から徒歩10分(赤湯駅から徒歩20分)の烏帽子山公園にて「赤湯温泉桜まつり」を開催しております。

初日の15日は、「さくら名所100選」に選ばれた烏帽子山千本桜を美しく照らす、ライトアップの点灯式が行われました。
夜桜の名所とも言われる烏帽子山の千本桜。
開花は18日、見頃は24日頃からの予報です。
期間中は毎日午後6時〜10時まで点灯しております。
是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

※烏帽子山公園には駐車場(一般車両200台)がございます。

3月8日(土)「白竜銀河の森づくりプロジェクト」イベント開催のお知らせ

3月8日(土)13:00より、
瀧波と東北芸術工科大学が主体となり行っている「白竜銀河の森づくりプロジェクト」イベントを開催します。

38ブログ用表

38ブログ用裏


赤湯温泉 白竜銀河の森
「冬の森と雪を楽しむ ワークショップ + ぶどう畑のレストランプロジェクト 2014」



今回は、「冬の森と雪の楽しみ方」を学びます。

昔の冬に欠かせなかった「かんじき」をつくり、外へ出て冬の十分一山や白竜湖の雪原をインストラクターの方と共に歩きます。気持ちのよい場所を見つけたら、雪を使って仮設のカフェを手作り。森で採れた薪を使った焚火と料理を囲み、正しい火の扱い方を学びながら、暖かい料理や地元語りを楽しみます。

冬しか行けない場所、出会えない動物、伝統的な雪遊び道具など、冬の森ならではの遊び方がきっと見つかるはずです。冬の楽しみ方を忘れてしまった方も、もっと知りたい方も、今年はちょっと違った視点で森を探索してみませんか?

【日時・場所】3月8日(土) 13:00瀧波集合・かんじきづくり 14:30出発 18:00終了

【服装・持ち物】防寒具一式、長靴、タオル、着替え、軍手、カメラ、飲み物、筆記用具

【参加費】5,000円 小中学生以下4,000円
※食事・飲み物・ワークショップ講師料・材料代込・温泉入浴付き

【お申込み】氏名・住所・年齢・連絡先を、以下宛にご連絡ください。
須藤(瀧波社長) TEL 0238-43-6111 FAX 0238-43-2601

【主催】白竜銀河の森づくりプロジェクトチーム
【助成】県民みんなで支える森・みどり環境公募事業

親子でも楽しめるイベントとなっております。是非ご参加下さい。

「りらく」2月号に瀧波が掲載されました

1月28日発行の、仙台発・大人の情報誌「りらく」2月号に、瀧波が掲載されました。

りらく表紙


【特集】温泉ソムリエお気に入りの冬の温泉「温もりの山形・上山・南陽に遊ぶ」

今月も「旅」・「食」の魅力満載の内容となっております。
東北6県とホームページにて販売中ですので、お近くにお住いの方は是非ご覧になってくださいませ。

りらくホームページhttp://www.riraku-sendai.co.jp/

2014年 甲午 気持ちを新たに‥

門松



新年明けましておめでとうございます。

いつも瀧波をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。


何度迎えてもこの「元旦」という日は、気が引き締まります。

新たなスタート。

従業員一同、気持ちを新たに皆様をお出迎えいたします。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

瀧波ファーム2013

22日の収穫は、軽トラック1台分。

軽トラ野菜


収穫と言っても、大根とかぶは間引いたものなので大きさはまだまだ未熟。
その分ぎゅっと旨味は詰まっています。

特に秋野菜は夏に比べて害虫が付きにくく、葉まで食べられるのが嬉しいです。

玄関野菜


本収穫の黄色いにんじんは、普段見慣れていないせいか全く違う野菜のよう。
それでもしっかりにんじんの香りがしました。

来年の収穫に向けたにんにくの植え付けが終わり、残るは玉ねぎのみ。
厳しい冬に向けて、作業は大詰めの瀧波ファームです。

南陽の菊まつり、10/18(金)明日開催!

明日10月18日(金)より、全国一の歴史・技・文化を誇る「南陽の菊まつり」が開催されます。

ブ菊まつり

第101回目の今回は、「八重の桜」をテーマとした菊人形展菊花大会菊料理試食会など、秋の風物詩、市の花でもある「菊」が会場を彩ります。

期間/平成25年10月18日(金)〜11月10日(日)

時間/午前9時〜午後5時 (30分前受付終了)

会場/南陽市中央花公園特設会場 (南陽市民体育館敷地内)

料金/大人300円 小人(3才〜中学生)200円 3才未満無料

駐車場/あり (会場内の第1駐車場から第3駐車場をご利用いただけます。)

ナビダイヤル/0238-49-2600 (南陽市民体育館)

主催/菊まつり実行委員会(南陽市観光協会内)
〒999-2292山形県南陽市三間通436-1 TEL0238-40-2002 FAX0238-43-7310

共催/山形おきたま観光協議会

この秋は是非、菊のまち・南陽市へ足をお運びくださいませ。
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ